このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

腹部超音波検査

※検査結果とは

日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。

  • 受診者様宛の健康診断レポート
  • 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)
  • 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてあるもの)
  • 健診ご担当者様向けの健康管理台帳  等
  • ご不明な点は、当会のお客様相談センターまでご連絡ください。

腹部超音波検査

肝臓(かんぞう)、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)、脾臓(ひぞう)、腎臓(じんぞう)に所見が認められるか調べる検査です。
各臓器の腫瘍(しゅよう)をはじめとして、結石(けっせき)、脂肪肝(しぼうかん)等生活習慣病と関連が強い所見も発見できます。

よく見られる所見 所見説明
肝のう胞(疑い)
[かんのうほう]
肝臓に袋状の組織ができ、その中に水のようなものがたまった状態をいい、良性の疾患です。小さなものは問題はありませんが、大きくなりすぎると周囲組織を圧迫して障害を起こすことがあります。定期的に検査を受け、大きさの確認をすることが必要です。画像上、明確ではなければ疑いになります。2個以上あると多発性になります。
脂肪肝(疑い)
[しぼうかん]
肝臓に脂肪がたまった状態です。主に飲酒や肥満が原因であり、生活習慣病(脂質異常症、糖尿病、高血圧)との合併率が高い疾患です。高度になると肝機能障害を伴い動脈硬化の温床となります。食生活を見直し栄養過剰を避け減量をはかることと酒量を減らすことで治癒が可能な疾患です。画像上、軽度な場合は脂肪肝疑いとします。
肝血管腫(疑い)
[かんけっかんしゅ]
肝臓で頻度が高く発生する良性で海綿状をした血のたまった腫瘍をさします。健診の超音波検査で発見されることが多く、よほど大きくなければ問題はありません。初めて発見されたときや経過観察中に大きさに変化が見られる場合は、念のため精密検査が必要です。また疑いでも精密検査をして問題がないことを確認してください。
肝内石灰化(疑い)
[かんないせっかいか]
肝臓にできたカルシウムの沈着のことをいいます。結核、寄生虫、出血などが原因で形成されたもので、定期的に検査を受け大きさの確認をしてください。画像上、明確でなければ疑いになります。
胆嚢ポリープ(疑い)
[たんのう]
胆嚢の粘膜がコレステロールの塊などで隆起した状態で、自覚症状はありませんが、定期的に大きさを確認してください。10mm以上の場合、悪性の腫瘍との鑑別が必要なために精密検査が必要です。画像上明確でなければ疑いになります。2個以上あると多発性になります。
胆嚢壁在結石(疑い)
[たんのうへきざいけっせき]
胆のうの壁の中に極めて小さな石が見受けられます。胆のう腺筋腫症に特徴的な所見です。
胆嚢結石(疑い)
[たんのうけっせき]
胆のう内に石があります。石の成分は、コレステロール、ビリルビンカルシウム、黒色石成分など多種にわたります。定期的な検査でよいと思われますが、右上腹痛などの症状があるとき、AST・ALT・γ-GT等の異常があるとき、画像上、ポリープ等と識別できないときは受診が必要です。画像上、明確でなければ疑いとなります。
胆嚢腺筋腫症(疑い)
[たんのうせんきんしゅしょう]
胆のうの壁が全周性、または限局して厚くなっている状態があるようです。今後の対応は判定に従ってください。腺筋腫症自体は問題はないですが、他に石があったり悪性の腫瘍を疑う場合があり精密検査を指示する場合があります。
胆嚢壁肥厚(疑い)
[たんのうへきひこう]
胆のうの壁が一部厚くなっています。原因を確認するために精密検査が必要な場合があります。
腎内石灰化(疑い)
[じんないせっかいか]
腎臓内にカルシウム・尿酸などが沈着している状態で、集合すると結石となる可能性があります。腰痛・側腹部痛・血尿などの症状を認める場合は受診が必要です。
腎結石(疑い)
[じんけっせき]
腎臓内に石があります。腰痛・側腹部痛・血尿などの症状がありましたら、早急に受診が必要です。
のう胞腎(疑い)
[のうほうじん]
両方の腎臓に多数の袋状の組織ができ、その中に水のようなものがたまった状態をいい、先天性(遺伝子異常)と後天性に分類されます。腎機能低下を伴うことが多く、専門機関を受診することが必要です。
腎血管筋脂肪腫(疑い)
[じんけっかんきんしぽうしゅ]
腎臓の中にできる良性の腫瘍で、血管や平滑筋や脂肪成分からできています。経過を見る必要がありますが、初回診断時には精密検査を指示する場合があります。
多発性腎のう胞(疑い)
[たはつせいじんのうほう]
臓器内(肝臓、腎臓)に袋状の組織ができ、その中に水のようなものがたまった状態をいい、良性の疾患です。2個以上のものを多発性とします。小さなものは問題はありませんが、大きくなり周囲組織を圧迫すると障害を起こす可能性があり治療が必要になります。定期的に検査を受け、大きさの確認をすることが必要です。
膵のう胞(疑い)
[すいのうほう]
膵臓に袋状の組織ができ、その中に水のようなものがたまった状態をいい、良性の疾患です。小さなものは問題はありませんが、大きくなりすぎると周囲組織を圧迫して障害を起こすことがあります。定期的に検査を受け、大きさの確認をすることが必要です。
膵診断不能
[すいしんだんふのう]
検査当日の状態(腹腔ガスや肥満等)により膵臓が観察できない状態をさします。
脾腫(疑い)
[ひしゅ]
脾臓が大きく腫れた状態です。肝機能異常や血液疾患などが疑われることがありますので、他の検査を含めて継続的な検査が必要となる場合があります。
脾内石灰化(疑い)
[ひないせっかいか]
脾臓にカルシウムの沈着を認めます。結核、寄生虫、出血などが原因で形成されたもので、定期的に検査を受け大きさの確認をしてください。
脾のう胞(疑い)
[ひのうほう]
脾臓内に袋状の組織ができ、その中に水のようなものがたまった状態をいい、良性の疾患です。小さなものは問題はありませんが、大きくなりすぎると周囲組織を圧迫して障害を起こすことがあります。定期的に検査を受け、大きさの確認をすることが必要です。
副脾(疑い)
[ふくひ]
脾臓の近くに約10%の割合で認められ、通常、病的な意義はありませんが、定期的に検査を受け、大きさの確認をしてください。画像上、明確でなければ疑いとなります。

 

PAGE TOP

メインメニュー