このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

肥満の指標(BMI/腹囲)

※検査結果とは

日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。

  • 受診者様宛の健康診断レポート
  • 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)
  • 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてあるもの)
  • 健診ご担当者様向けの健康管理台帳  等
  • ご不明な点は、当会のお客様相談センターまでご連絡ください。

肥満の指標

■BMI(Body Mass Index)

BMIとは、身長に見合った体重かどうか判定する数値です。基準は22です。


計算式
BMI(Body Mass Index)=体重(kg)÷身長²(m) 

BMI 日本肥満学会による判定 判定区分
18.5未満 やせ A2
18.5~24.9 ふつう A1
25.0~29.9 肥満1度 A3
30.0~34.9 肥満2度 A3
35.0~39.9 肥満3度 A3
40.0以上 肥満4度 A3

 

■腹囲
肥満のうちでもおなかに脂肪がたまる、内臓脂肪型肥満(内臓脂肪蓄積)が動脈硬化を進行させます。
腹囲計測は内臓脂肪型肥満をみる指標の一つとされています。(厚生労働省HPより)

性別 基準値
男性 ~84.9cm
女性 ~89.9cm

 

■その他
●肥満度
肥満度(%)とはBMI=22とした場合の身長からの割り出した体重値を標準体重(標準体重=身長(m)×身長(m)×22)とし、(体重÷標準体重-1)×100=肥満度(%)として算出しております。

●体脂肪率
体脂肪率は測定機器のデータをそのまま記載しています。

*肥満度、体脂肪率は当会の「体測」の判定には加味しておりません。

PAGE TOP

メインメニュー