このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

血圧検査

※検査結果とは

日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。

  • 受診者様宛の健康診断レポート
  • 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)
  • 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてあるもの)
  • 健診ご担当者様向けの健康管理台帳  等
  • ご不明な点は、当会のお客様相談センターまでご連絡ください。

血圧検査

血圧とは血液から血管の壁にかかる圧力のことで、普通は上腕の動脈について測定した値のことを言います。
心臓が収縮して血液を送りだしたときの圧力最大値を、最大血圧(収縮期血圧)といい、心臓が拡張して静脈側の血液を吸い込んだときの圧力最小値を、最小血圧(拡張期血圧)といいます。
(WHO(世界保健機関)/ISH(国際高血圧学会)基準により)

18歳以上の成人における血圧レベルの定義と分類
分類 収縮期血圧(mmHg)   拡張期血圧(mmHg) 判定区分
低血圧 <90 - - A2
低血圧 90~99 - - A1
至適血圧 <120 かつ <80 A1
正常血圧 <130 かつ <85 A1
正常高値血圧 130~139 または 85~89 A3
サブグループ(境界域) 140~149 または 90~94 B1
グレード1高血圧(軽症) 140~159 または 90~99 B1
グレード2高血圧(中等度) 160~179 または 100~109 G2
グレード3高血圧(重症) ≧180 または ≧110 C1
収縮期高血圧 ≧140 かつ <90 B1~C1
サブグループ(境界域) 140~149 かつ <90 B1

高血圧症の重症度は血圧の数値だけでは決まらないので、上表のような段階分けには軽症・中等症・重症というよりグレード1、2、3が適切とされています。

病院や会社の健康診断の時に白衣を着た人の前では緊張して本来のその人の血圧よりも数値が高くなる人がいます。そのような人は自宅でリラックスして測る家庭血圧が大事です。 (厚生労働省HPより)

PAGE TOP

メインメニュー