このページの本文へ移動

日本予防医学協会の強み

私たちはお客様の大事な健康データをお預かりしています。
そのため、高い品質と精度、維持管理が求められます。
健診結果のデータ化を実現して30年余り、その間お客様の要望やご依頼を受け、様々な改善を加えながら時代に沿った精度管理を実現しています。

全国の健康診断のハンドリング

全国各地での巡回健診や附属診療所および全国約2,000の医療機関とネットワークを結び、内容や結果の統一化等、健康診断の入りから出までワンストップを実現しています。
データの一元化を行うことで全社のデータ管理・分析がスムーズに行えます。
どのような結果であっても一元化できますのでまずはご相談ください。

 

健康診断の精度管理

健康診断のスタッフ育成、健診の検査データ、医師による読影・判定、判定基準、結果通知等の精度管理体制として弊会本部に品質管理チームを設置し管理・運営しています。精度管理を以下の3つに分類し恒常的に品質向上を行っています。

  • 試料、検体の採取における精度管理

  • 検査、分析における精度管理

  • 判定、評価における精度管理

リスク管理

事故・ミスを防ぐために弊会本部にリスク管理委員会を設置しています。さまざまな事故への対応を行うととともに、発生時の報告・改善ルールを制定し再発防止に努め、お客様への信頼を追求しています。

 

外部機関による精度管理

第3者による精度管理として以下の各臨床検査精度管理調査に毎年参加しています。

  1. 公益社団法人全国労働衛生団体連合会 総合精度管理事業
  2. 一般社団法人日本総合健診医学会 精度管理調査
  3. 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 プライバシーマーク制度(2年毎)

また下記の通り認定を得ています。

  1. 一般社団法人日本総合健診医学会優良総合健診施設認定
  2. 公益社団法人全国労働衛生団体連合会労働衛生サービス機能評価認定
  3. 公益社団法人日本人間ドック学会人間ドック健診施設機能評価認定 等

PAGE TOP

メインメニュー