このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

子宮頸部細胞診

※検査結果とは

日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。

  • 受診者様宛の健康診断レポート
  • 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)
  • 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてあるもの)
  • 健診ご担当者様向けの健康管理台帳  等
  • ご不明な点は、当会のお客様相談センターまでご連絡ください。

子宮頸部細胞診

細胞診の結果はベセスダシステム及び、クラス分類(日母分類)を採用しております。

ベセスダシステム(医会分類)
※平成25年度より日本産婦人科医会では国際標準であるベゼスダシステムに報告を統一しています。

検査結果 細胞診結果補足 検査結果の説明 クラス分類の目安 判定区分
NILM 陰性 正常または正常範囲内の所見です。正常範囲内では細胞に変化がみられるものも含みますが、炎症・萎縮・刺激などによる良性変化であり心配がない所見です。 Ⅰ、Ⅱ A1
ASC-US 軽度の異型扁平上皮細胞
[いけいへんぺいじょうひさいぼう]
子宮頚部の表面を形作っている細胞(扁平上皮細胞)に変化がみられますが、良性悪性の区別がつきません。受診が必要です。 Ⅱ-Ⅲa C1
ASC-H 高度の異型扁平上皮細胞
[いけいへんぺいじょうひさいぼう]
子宮頚部の表面を形作っている細胞(扁平上皮細胞)に変化がみられ、悪性変化の可能性が疑われます。受診が必要です。 Ⅲa、Ⅲb C1
LSIL 軽度の扁平上皮病変
[へんぺいじょうひびょうへん]
子宮頚部の表面を形作っている細胞(扁平上皮細胞)に軽度の異常(異形成)がみられます。受診が必要です。 Ⅲa C1
HSIL 高度の扁平上皮病変
[へんぺいじょうひびょうへん]
子宮頚部の表面を形作っている細胞(扁平上皮細胞)に高度の異常(異形成)がみられます。早急に受診が必要です。 Ⅲa、Ⅲb、Ⅳ C1
SCC 扁平上皮がん疑い
[へんぺいじょうひ]
扁平上皮がんが疑われます。早急に受診が必要です。 C1
AGC 異型腺細胞
[いけいせんさいぼう]
子宮頚部の粘液を分泌する細胞(腺細胞)に変化がみられ、悪性変化の可能性が疑われます。早急に受診が必要です。 C1
AIS 上皮内腺がん疑い
[じょうひないせん]
上皮内腺がんが疑われます。早急に受診が必要です。 C1
Adenoca. 腺がん疑い 腺がんが疑われます。早急に受診が必要です。 C1
other 他の悪性腫瘍疑い その他の悪性腫瘍が疑われます。早急に受診が必要です。 C1

 

クラス分類(日本産婦人科医会:日母分類)

検査結果 クラス分類 検査結果の説明 判定区分
陰性(Ⅰ) 今回の検査では通常と異なる所見は認められませんでした。 A1
陰性(Ⅱ) 良性細胞変化(炎症、萎縮など)がみられますが、特に問題ありません。 A1
擬陽性(Ⅲa) Ⅲa 軽度~中程度の異常形成が疑われます。受診が必要です。 C1
擬陽性(Ⅲb) Ⅲb 高度の異常形成が疑われます。受診が必要です。 C1
陽性(Ⅳ) 悪性変化の強く疑われる異形細胞がみられます。早急に受診が必要です。 C1
陽性(Ⅴ) 悪性の異形細胞がみられます。早急に受診が必要です。 C1

 

PAGE TOP

メインメニュー