このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

特定健康診査

※検査結果とは

日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。

  • 受診者様宛の健康診断レポート
  • 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)
  • 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてあるもの)
  • 健診ご担当者様向けの健康管理台帳等
  • ご不明な点は、当会のお客様相談センターまでご連絡ください。

特定健康診査

■メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは?

糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかの中に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。

内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。


メタボリックシンドロームの判定基準 

①腹囲 男性85cm 女性90cm
 
②血糖 血糖 110mg/dL以上
または
HbA1c(NGSP) 6.0%以上
③血圧 最高血圧(収縮期)130mmHg以上
または
最低血圧(拡張期) 85mmHg以上
④脂質 中性脂肪150mg/dL以上
または
HDLコレステロール40mg/dL未満

※メタボリックシンドロームの判定基準は、予防の観点から一般の高血圧症や糖尿病の診断基準よりも厳しくなっています。また裏面の特定保健指導対象者の選定基準(★印の項目)の空腹時血糖とHbA1cは、さらに厳しい基準になっています。これは、リスクが軽い段階から生活習慣の改善に取り組んでもらうためです。

■メタボリックシンドロームの判定結果

判定 説明
基準該当 メタボリックシンドロームの基準に当てはまります。
①に該当+②~④が2つ以上該当
予備群該当 メタボリックシンドロームの予備群です。
①に該当+②~④が1つ該当
非該当 メタボリックシンドロームではありません。
①に該当+②~④に該当なし、または①に該当なし
判定不能 今回はデータ不足のためメタボリックシンドロームについて判定できませんでした。

 

■特定健康診査の主な項目

   検査項目(単位) 健診項目の
判定基準
この検査でわかること
身体計測 身 長(cm)   肥満・やせをはかる一つの指標となります。 体重の増減は、生活習慣・健康状態の大切な指標です。
体 重(kg)  
腹 囲 ★
(cm)
男性 85未満
女性 90未満
肥満のうちでもおなかに脂肪がたまる、内臓脂肪型肥満(内臓脂肪蓄積)が動脈硬化を進行させます。腹囲計測は内臓脂肪型肥満をみる指標の一つとされています。
B M I ★
Body mass Index
25.0未満 BMIとは、身長に見合った体重かどうか判定する数値です。基準値は22です。 計算式=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
血圧 血 圧★
(mmHg)
収縮期 130未満
拡張期 85未満
血圧とは、血液から血管の壁にかかる圧力のことで、普通は上腕の動脈で測定した値のことをいいます。心臓が収縮して血液を送り出したときの圧力最大値を、最高血圧(収縮期血圧)といい、心臓が拡張して静脈側の血液を吸い込んだときの圧力最小値を、最低血圧(拡張期血圧)といいます。
血糖検査 血 糖 ★
(mg/dL)
100未満 血液中のブドウ糖は身体の大切なエネルギー源です。食後に血糖が上昇してもインスリンの働きで空腹時の血糖は一定に保たれています。糖尿病でインスリンの作用が不足すると空腹時血糖値は上昇します。
HbA1c(NGSP)★
(%)
5.6未満 過去1~2ヶ月の平均的な血糖の状態を知ることができます。 血糖値とは異なり、HbA1c(ヘモグロビンA1c)は、採血直前の飲食による一時的な影響を受けにくいことが利点です。
脂質検査 中性脂肪(TG)★
(mg/dL)
150未満 高カロリー食やアルコールの過飲などで過剰に摂られたエネルギーは中性脂肪として貯蔵され、さらに増加すると皮下脂肪や肝臓に蓄えられます。これが高くなると、内臓脂肪を増やしたり脂肪肝の原因となります。
HDLコレステロール ★
(mg/dL)
40以上 動脈壁に付着したコレステロールを再び血液中に洗い出す働きがあるため善玉コレステロールと呼ばれます。これが高いと動脈硬化に予防的に働き、低いと動脈壁へのコレステロール沈着は増え動脈硬化を促進させます。
LDLコレステロール
(mg/dL)
120未満 LDL(低比重リポ蛋白)はコレステロールを末梢細胞に運搬する働きがあります。血中のLDLコレステロールの増加は冠動脈疾患の危険因子です。
non-HDLコレステロール(mg/dL) 150未満 総コレステロール値からHDLコレステロール値を引いた値で、文字通り「善玉コレステロール(HDL)ではないコレステロール」という意味です。LDLコレステロールだけではなく、すべての動脈硬化惹起性リポ蛋白中のコレステロールをいいます。
肝機能検査 AST(GOT)
(U/L)
31未満 心臓・肝臓・筋肉・腎臓などのさまざまな臓器に存在する酵素です。これらの臓器が障害を受けると、この酵素が血液中に放出され、濃度が高くなります。
ALT(GPT)
(U/L)
31未満 ASTと同じように身体のさまざまな臓器に存在しますが、肝臓以外での含有量はASTに比べると少量です。また、ALTは肝細胞の異常に敏感に反応しますので、ASTに比べてALTが高いときは肝障害と考えられます。
γ-GT(γ-GTP)
(U/L)
51未満 蛋白質を分解する酵素の1つです。肝臓や胆道に病気があると高値を示しますが、特にアルコールの影響で高値になりやすく、アルコール摂取による肝機能障害の診断の指標になります。
腎機能 クレアチニン(mg/dL) 男性 1.05未満
女性 0.80未満
クレアチニンは筋収縮エネルギー源であるクレアチンから産出される最終代謝産物で、尿細管で再吸収されずに尿中に排出されます。腎臓の機能が低下すると高値となります。eGFRは血清クレアチニン値、年齢、性別から計算される推算糸球体濾過量です。腎臓にどれくらい老廃物を尿へ排泄する能力があるかを示しており、この値が低いほど腎臓の働きが悪いということになります。また、慢性腎臓病(CKD)のステージ分類に使用されます。
eGFR(ml/min/1.73m2) 60以上
尿検査 尿糖 (-) 尿に含まれるブドウ糖のことです。糖尿病のときも陽性になりますが、血糖が高くなくて陽性になる腎性糖尿もあります。
尿蛋白 (-) 慢性腎臓病、腎炎、尿路感染症など腎臓や尿路等の病気発見の手がかりになります。高熱が出た時の熱性蛋白尿や起立性蛋白尿、一過性の過労等で陽性となることがあります。

※上記の『健診項目の判定基準』は、厚生労働省の定める健診検査項目の健診判定値の内、特定保健指導判定値を参照に記載しているため、健診結果個人通知に記載されている<今回参考値>とは異なります。

※上記の検査以外に、厚生労働省の定めにより医師の判断で「心電図検査」「眼底検査」「貧血検査」が実施される場合があります。
※血糖とHbA1c(ヘモグロビンA1c)は、裏面のメタボリックシンドロームの判定基準よりも上記の特定保健指導対象者の選定基準が、さらに厳しい基準になっています。これは、リスクが軽い段階から生活習慣の改善に取り組んでもらうためです。

PAGE TOP

メインメニュー