このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

尿検査

※検査結果とは

日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。

  • 受診者様宛の健康診断レポート
  • 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)
  • 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてあるもの)
  • 健診ご担当者様向けの健康管理台帳  等
  • ご不明な点は、当会のお客様相談センターまでご連絡ください。

尿検査

尿検査とは、腎臓でろ過した不要なものを尿に排出しますが、本来尿中に排出されない蛋白がみつかれば腎臓の病気、糖がでれば糖尿関連の病気、ウロビリノーゲンは肝臓の病気、潜血は結石や腎炎等の病気の兆候が見られます。

項目 検査結果 判定区分 説明
尿蛋白 -~± A1 慢性腎臓病、腎炎、尿路感染症など腎臓や尿路等の病気発見の手がかりになります。
高熱が出た時の熱性蛋白尿や起立性蛋白尿、一過性の過労等で陽性となることがあります。
B1
2+~4+ G2
尿潜血 -~± A1 膀胱炎、腎臓や尿管の結石など尿の通り道に異常があると、尿の中にわずかに赤血球が混じることがあります。前立腺炎や泌尿器系の悪性腫瘍等でも陽性となることがあります。
A2
2+~4+ G2
尿糖 -~± A1 糖尿病、腎性糖尿病、甲状腺機能異常等で陽性となることがあります。
尿糖が陽性でも糖尿病とは限らず、血糖値等を加味して判定する必要があります。
+~4+ G2
尿ウロビリノーゲン 正~+ A1 急性・慢性肝炎や胆管結石など肝臓や胆のうの疾患を疑います。
診断には血液一般検査、生化学検査などが必要です。
2+~4+ G2

※判定は尿沈渣、血液検査結果等で変わることがあります。
※尿糖判定は、血糖検査を実施している方については、血糖値を加味して判定を行っています。

項目 検査結果 説明
尿

沈渣赤血球 4以下/毎視野 尿の沈殿物を顕微鏡でみる検査で、「赤血球」「白血球」「上皮細胞」「円柱細胞」「異型細胞」「結晶成分」などの成分が増加していないかを調べます。腎臓や尿路の病気だけでなく、全身の病気の手がかりを得るために行われるものです。
沈渣白血球 4以下/毎視野
沈渣扁平上皮 4以下/毎視野
沈渣硝子円柱 (-) (±)
沈渣顆粒円柱 (-)

 

PAGE TOP

メインメニュー