このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

健康経営に関する取組

日本予防医学協会では、これまで健康経営研究会の設立や健康経営フォーラムの開催等、健康経営の普及啓発に取り組んでまいりました。2015年には「日本予防医学協会 健康経営宣言」を制定し、健康経営の取り組みを積極的に進めています。

 

健康経営宣言 | 健康経営優良法人『ホワイト500』 | 健康経営推進体制 | 健康経営に関する取組 | 職員の健康習慣に関するデータ | 具体的な取組 | 当会外への取組

 

健康経営宣言

From the well-being JPM to the well-being JAPAN
~人と組織の安全、安心、健康づくり~

日本予防医学協会は、「協会の誇れる財産は人財なり」との経営理念の下、職員の資質を向上させ、顧客満足度の最大化を実現する強い日本予防医学協会の創造に取り組んでいます。その実現のため、職員一人ひとりの健康を重要な経営資源と位置づけ、次の3つのスローガンを掲げ、良好なコミュニケーションのもと健康で元気に働き続けられる安全・安心な職場環境を形成するとともに、自らの健康をマネジメントできる人財育成を目指します。

    1. 健康づくりを支援し、健康問題に由来するアブセンティズムとプレゼンティズムの発生を予防します。
    2. 「労働長寿は健康長寿への道」を掲げ、生涯現役で働くことを目指し、仕事をリタイアしても豊かな人生を送ることができる人財を育成します。
    3. 労働負担の軽減と業務の効率化を図り、ワーク・ライフ・バランスの取組みを推進します。

 

 

健康経営優良法人『ホワイト500』

一般財団法人日本予防医学協会での取組が、経済産業省および日本健康会議が実施する「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

当会は「日本予防医学協会 健康経営宣言」の制定を行うなど、健康経営に取り組んでいます。

 

健康経営推進体制

 

 

健康経営に関する取組


協会全体の取組 (取組の一部をご紹介します)


  • 理念方針の周知
    • 理事長通信で「JPM健康経営宣言」を職員全員へ発信
    • ホームーページ、社内イントラにて掲載
  • 健診データの活用
    • 健康診断の実施とデータ分析
    • 健康経営白書の作成
  • ストレスチェックの実施
    • 受検率… 2016年 89.6%、2017年 89.8%
  • 受動喫煙防止の取組
    • 敷地内禁煙及び就業時間中の喫煙禁止を実施
  • 労働時間適正化に関する取組
    • 各部署にて「ノー残業デー」を設定
    • 就業時間管理システムで残業時間の把握、時間外労働削減について、具体的な目標数値を設定

 【推進状況】
  └ 所定外労働時間…2015年 29.3、2016年 23.0、2017年 20.4
   (ひとりあたり月平均・時間)
  └ 有休取得率…2015年 67.7%、2016年 68.6%、2017年 75.3%

  • 運動に関する取組
  • 研修実施
    健康経営に関するさまざまなテーマについて、職員の関心のあるものを自由に選択して研修を受講
  • 噛む力・食べる力への取組
    現在、プログラム開発中。


事業所ごとの取り組み例


  • 【東日本地区】
    • 健康経営の取組推進プロジェクト「ウェルスマ」設立
    • 運動に関する取組
      • 「ニチヨー体操」実施  
        2017年度に職員の「運動機会の提供」「生産性向上」「コミュニケーション醸成」を目的とした、東日本地区において「ニチヨー体操」を実施しました。
        「ニチヨー体操」はさまざまな音楽に合わせておこなう体操で、月曜日は「肩こりにさようなら」火曜日は「ゆったりストレッチ」など曜日によって毎日異なるテーマを設定し、社内の会議室や各部署のフロアなど様々な場所で約1か月間おこないました。
        また、「ニチヨー体操 シールラリー」と題して、ラジオ体操のスタンプカードのように、体操した日には配布したカードにオリジナルシールを貼って楽しみながら達成感を感じられる工夫をしました。
      • 階段利用の促進
    • 食に関する取組 
      • 「食育セミナー」の開催
      • 食改善への情報提供、ヘルスリテラシー向上を目的とした、情報提供カード「ウェルスマカード」の配布
      • 自動販売機の取組(健康応援アプリと連動した自動販売機の導入)


  •  【南森町地区】
    • 第3回大阪府健康づくりアワード 奨励賞受賞(西日本事業部)
      (大阪府、全国健康保険協会 大阪支部、健康おおさか21推進府民会議 共催)
    • 南森町健康経営推進チーム発足
    • 運動に関する取組 
      • 「プラス10からはじめよう」(1日10分プラスして歩く)キャンペーンの実施(参加率:99%)
        • 日常生活における身体活動量の増加への取り組み
        • 歩数計の配布、各課で競う
        • 徒歩10分圏内のランチマップ作成
        • 階段利用の促進
    • 食に関する取組
      • 自動販売機の取組(健康応援アプリと連動した自動販売機の導入)
    • その他の取り組み
      • スローガン作成
        年度初めに各課でスローガンを作成し、リフレッシュルームに掲示。優秀なスローガンに対して理事長より表彰 
      • 被扶養者への健康診断の受診勧奨、がん検診受診勧奨
      • 健康セミナー実施


  •  【九州地区】
    • 健康経営推進委員の設置 
    • 運動に関する取組
      • walking大会(年2回)の実施
      • 卓球大会の実施
      • 2UP 4DOWN(階段移動の推進)
    • 食に関する取組
      • 自動販売機の取組(加糖飲料より無糖飲料の価格を低く設定)
    • その他の取組
      • 地域の清掃活動

 

職員の健康習慣に関するデータ

職員の健康状況を把握するため、健康診断の結果や問診回答等の分析をおこないました。
分析の結果、特に下記に課題があることが明らかになりました。

  • 「ゆっくりよく噛んで食べる。」と回答したひとの割合が低い
  • 「運動を週に 2回以上する」と回答したひとの割合が少なく、運動 習慣が低い (特に女性)
  • 「肩こり・首がこる」訴えた人の割合は52.7%と3年連続して50%以上の人が回答している
  • 「腰が痛む」と訴えた人の割合は31.6%と3年連続し増加している



 

 

具体的な取り組み:運動に関する取り組み

職員の健康状況についての分析結果から、課題のひとつとして運動習慣が低いことが明らかとなりました。
各地区で体操の実施など取組を進めてまいりましたが、2018年度に当会全体で「JPMアクティビティ」を導入しました。
2018年6月より先行して東日本地区にて導入し、9月よりその他の全地区にて導入をしています。
JPMアクティビティとは、従来職場で取り入れられてきた健康増進を目的とした体操の動きに加え、疾病予防の観点から必要な動きを盛り込んだ体操です。
体操導入の効果検証のため、導入前と導入後に運動機能テストを実施しました。集計結果の概要をご紹介します。
日本予防医学協会では引き続き本取組を全国で実施し、12月に同様の運動機能テストを実施する予定です。

【調査概要】
・対象者:全職員のうち、任意で調査に協力した職員 (計175名)

・実施時期:

①導入前調査 2018年5月中旬~6月上旬
②導入後調査 2018年8月下旬~9月上旬

・測定内容:

下記の1)2)をそれぞれ実施
1)30秒椅子立ち上がりテスト(30秒間に何回立ち上がることができるかを測定)
2)座位体前屈テスト(座った状態での前屈を測定)

【30秒間椅子立ち上がり(CS30)テストの結果】
・体操実施群(平均)

男性(n=10) 25.7回 →  30.7回
女性(n=39) 24.5回 →  28.2回

・非実施群(平均)

男性(n=28) 25.9回 →  28.1回
女性(n=98) 20.6回 →  24.0回

【座位体前屈テストの結果】
・体操実施群(平均)

男性(n=10) 3.6cm →  7.0cm
女性(n=39) 15.1cm →  16.2cm

・非実施群(平均)

男性(n=28) 8.3cm →  7.5cm
女性(n=98) 13.9cm →  12.0cm


 

PAGE TOP

メインメニュー