一般財団法人日本予防医学協会「健康と元気、こころとからだの健康づくり支援」をテーマに、産業保健、職域保健事業を中心に生涯にわたる健康づくり支援・健康社会の構築に貢献していきます!
一般財団法人日本予防医学協会
トップページ健康支援サービス附属診療所検査の解説社会貢献お問い合わせ財団概要

ホーム > 財団概要 > 理事長メッセージ/活動報告

概要

概要 | 理事長メッセージ/活動報告 | 役員一覧 | 企業理念 | 沿革 | 公開情報  | アクセス

ごあいさつ

神代雅晴一般財団法人日本予防医学協会は、弊会の果たすべき使命として「日本の健康を創る“Well-Being Japan”」を掲げています。この使命を遂行するために労働寿命の延伸策を提供することによって健康寿命の延伸を図るというアプローチを推進しています。

すなわち、一般社会で言われている「健康で過ごせれば働くこともできる」ではなく、「いつまでも働きたいと願えばいつまでも働くことのできる心身を作ることができる。これこそが健康で長寿を迎えることができる」を活動基点としています。これを実現させる原動力として、

「協会の誇れる財産は人財なり」との経営理念に基づき、職員の資質を向上させ、顧客満足度の最大化を実現する日本予防医学協会の創造に取り組んでいます。この信念は顧客の皆様方をはじめとして広く日本の社会全般から認められる産業保健総合サービス機関となることで結実します。信頼できる産業保健総合サービス機関に働く職員の一人ひとりは弊会のお客様にとってかけがえのないビジネスパートナーとしての存在に変わることができます。

皆様のビジネスパートナーとしての弊会職員は、難解な医科及び歯科の世界で表現されている健康診断結果と顧客である企業、健康保険組合、受診者お一人お一人の皆様との間のより良い通訳者、否、テーラーメイド健康アドバイザーとしての専門意訳者となることを目指しています。
一方、組織としてのビジネスパートナーである弊会は年間70余万人の働く人々の健診結果を武器として、臨床医学、産業保健学、疫学の領域から検討したエビデンス・ベースド・メディシン(evidence based medicine)の包括的健康管理・増進施策の提唱を弊会の命題と心がける所存です。具体的には、従来の医科領域、産業歯科、産業保健等を一本化し、そこに食育、体育、他者との関係構築力等々を取り込み健康の源となる7つの指標
{働く力、身体を動かす力、心の力、眠る力、噛む力、食べる力、抗加齢力}とそれを測る「ものさし」の開発を進めています。

一方、日本では、業種を問わず国内にのみ目を向けていてはビジネスが成り立たない時代がすぐそこまでやってきています。

弊会が積み上げてきた産業保健サービスの海外展開をも視野に入れた経営戦略~国境なき産業保健総合サービス機関~を計画し、マーケティング調査も進めています。

これらの夢とも思われる想像を創造に変えるためには強い日本予防医学協会を作り上げなければなりません。強い組織づくりの要は「人」です。一人ひとりの職員とその集合体です。知識に裏打ちされた知恵を出す集団です。全職員が知識で仕事をするのではなく、知恵を使って仕事を始めた時、盤石な組織が生まれ、人財に覆い尽くされた日本予防医学協会が誕生します。そこで、協会訓として『五智結実』を謳っています。

五つの知恵とは、「健康の智」~健康長寿を実現するための知恵、「労働の智」~労働寿命延伸を図る為の知恵、「実務の智」~変化する現場を鋭く分析して改善する知恵、「創造の智」~無から有を生み出す知恵、
「貢献の智」~弊会の活動を通してどのように社会に貢献するかを考えだす知恵、これら五つが実を結び、弊会の使命である健康日本を創り上げていく覚悟です。

壮大な計画にすべての役職員がそれぞれの役割を認識して歩き始めました。皆様からの温かいご指導を賜り、弊会が掲げる「ウェルビーイング・ジャパン(健康日本)」を創って参りたいと念じています。

今後とも何卒、一般財団法人日本予防医学協会へのご支援をお願い申し上げます。

一般財団法人日本予防医学協会
理事長 神代雅晴

平成28年理事長年頭挨拶
一般財団法人移行のごあいさつ


一般財団法人日本予防医学協会 健康経営宣言
From the well-being JPM to the well-being JAPAN
~人と組織の安全、安心、健康づくり~

日本予防医学協会は、「協会の誇れる財産は人財なり」との経営理念の下、職員の資質を向上させ、顧客満足度の最大化を実現する強い日本予防医学協会の創造に取り組んでいます。その実現のため、職員一人ひとりの健康を重要な経営資源と位置づけ、次の3つのスローガンを掲げ、良好なコミュニケーションのもと健康で元気に働き続けられる安全・安心な職場環境を形成するとともに、自らの健康をマネジメントできる人財育成を目指します。


理事長活動報告

 

<講演>

Build Happy for Elderly Society(日本語訳:幸せな高齢社会の構築)
2016年12月15日(木)~16日(金)にタイのスラナリ大学で開催された会議「Build Happy for Elderly Society」に神代理事長が基調講演者として招待され出席しました。

第94回 北海道医学大会 産業衛生分科会
2014年10月18日(土)、第94回 北海道医学大会 産業衛生分科会が札幌で行われ当会理事長が招待シンポジストとして出席しました。

第一回北九州市健康づくり活動表彰
2014年1月12日(日)、北九州市にて開催された『第一回北九州市健康づくり活動表彰』に表彰委員長として参加いたしました。

PREMUS2013(日本語訳:作業関連筋骨格系障害の予防)
韓国釜山にて2013年7月8日~12日に開催されたPREMUS2013に基調講演者として招待され出席しました。


世界老年学/老年医学会(IAGG 2013, The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics)
韓国ソウルにて2013年6月23日~27日に行われた世界老年学/老年医学会(IAGG 2013, The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics)に出席しました。


日本運動・スポーツ科学学会第20回記念大会
2013年6月8日(土)、日本運動・スポーツ科学学会第20回記念大会が横浜で行われ、特別講演者として招かれました。


職場における腰痛予防対策指針の改訂及びその普及に関する検討会
2013年1月~3月に厚生労働省が行った「 職場における腰痛予防対策指針の改訂及びその普及に関する検討会」に委員として参加いたしました。

第1回議事録(2013年1月9日)
第2回議事録(2013年2月13日)
第3回議事録(2013年3月13日)
第4回議事録(2013年3月27日)

 

シンガポール講演
2012年9月12日・13日にシンガポールで行われた『シンガポール産業安全保健会議2012』に招待され、高齢労働社会対応型の産業保健戦略について講演いたしました。

 

<掲載記事>→詳細ページへ

リーダーズトークNo.16
「エルダー/2016年8月号 第38巻第8号通巻442号」に掲載されました。

高齢労働時代の産業保健の課題と展望
「公衆衛生/2016年4月号 Vol.80 No.4」に掲載されました。

職場の腰痛予防対策~人間工学の視点から~
「けんこう福岡/51号」に掲載されました。

高齢者の労働能力は年齢では決まらない
「かけはし/2015年10月号」に掲載されました。

快適職場づくりに欠かせない作業管理の考え方
「エルダー/2015年6月号 第37巻第6号」に掲載されました。

高年齢労働社会における産業保健-課題と対策-
「へるすあっぷ21/2015年3月号 第365号」に掲載されました。

 高齢労働職場のグッドプラクティス,その進め方のポイント
「産業医学ジャーナル/第38巻第4号」に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年10月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年9月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年8月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年7月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年6月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年5月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年4月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年3月』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」2014年2月』に掲載されました。

 高年齢労働者に向けた健康支援
『産業看護2014年1号』に掲載されました。

 人間工学を活用した職場改善ノウハウ
『月刊誌「安全衛生のひろば」26年1月』に掲載されました。

 いきいきと働くためのモチベーションサポート
『月刊社労士/2013年6月 第49巻第6号』に掲載されました。

 高齢者が安全に働くための作業管理と職場改善
『月刊社労士/2013年5月 第49巻第5号』に掲載されました。

 高齢労働社会下の労務管理を進めるキーワード~まずは健康の確保~
『月刊社労士/2013年4月 第49巻第4号』に掲載されました。

 高齢者が働きやすい職場
『エルダー/2013年4月 No.402』に掲載されました。

 カタカナあふれる日本の中で、ひと際威光を放つ国字を読み解けば
『Medical Tribune/2013年1月3,10日 vol.46,No.1,2』に掲載されました。

 高齢者が働くということ
『労働の科学 67巻8号(2012年)』に掲載されました。

 

<出版著書>

健康・安全で働き甲斐のある職場をつくる

図書『健康・安全で働き甲斐のある職場をつくる』岸-金堂玲子/森岡孝二 編著
A5判 /320頁
定価3,672円(本体3,400円+税8%)
発行年月日 20160320
第1版
ISBN No.9784623075157

第Ⅲ部第6章『働く高齢者の健康・安全-現状と課題』を神代理事長が担当。
高齢労働者の健康資源の確保と増進によるアクティブ・エイジング社会づくり、ワークアビリティ(労働適応能力)評価、快適職場づくりを意識した作業管理と作業環境管理の見直しを基本課題とし、これらすべてを基盤としたプロダクティブ・エイジング社会構築の必要性を取り上げている。

みんなで進める!
職場改善ブック~アクションチェックリストと目で見る改善事例~

高年齢労働者のための職場づくり神代雅晴編著 三上行生 飯田憲一 渋谷正弘 長谷川徹也 著
A5判 /104頁/4色刷
定価1,188円(本体1,100円+税8%)
発行年月日 20140731
第1版
NO.26267
ISBN No.978-4-8059-1567-7 C3060

(以下出版社商品説明より)
製造現場に向けて3Sやミスの削減、腰痛予防など、職場改善のための10種のアクションチェックリストとともに、それぞれのリストに対応する職場改善の成功事例を豊富なカラー写真で紹介。買ったその日から活用できる、コンパクトな目で見る改善事例集。

高年齢労働者のための職場づくり

高年齢労働者のための職場づくり神代雅晴編著
中央労働災害防止協会
2013年10月30日 第1版発行
ISBN No.978-4-8059-1528-8 C3060

当会理事長の神代雅晴が編著者として関わった『高年齢労働者のための職場づくり-65歳定年制に対応する労働安全衛生戦略-』が出版されました。

(以下出版社商品説明より)
 高齢者雇用安定法改正により、65歳までの雇用が義務付けられ、職場の高年齢者はますます増加していく。本書では、高年齢労働者の心身の特徴や、労働災害防止の方策、実践事例など、高年齢者が安全・健康に働くための職場環境づくりについて、まるごと解説する。

職場改善―産業保健人間工学の知恵と妙技

職場改善神代 雅晴編著
産業医科大学 産業生態科学研究所 人間工学研究室同門会著
A5判296頁
定価 3570円(税込)
ISBN978-4-8171-9259-2

(以下出版社商品説明より)
産業保健人間工学は、働く人々の心身の特性に適合するように労働の場、労働条件を改善・設計する実践的な学問である。改善の対象には装置・機器・道具等も 含まれ、それらの設計・製作にも取り組む。本書では、産業保健人間工学の歩みと概要、その手法、人間工学チェックリストなどのツールを紹介した後、実際の 職場改善成功事例を豊富な写真とともに解説する。これ1冊で産業保健人間工学による職場改善がわかる、実践的入門書。

高齢者雇用に役立つエイジマネジメント

職場改善神代 雅晴編著
日本産業衛生学会エイジマネジメント研究会 著
A5判336頁
定価 3360円(税込)
ISBN978-4-86319-192-1

(以下出版社商品説明より)
『エイジマネジメント』とは、働く人が暦年齢を意識することなく、生涯にわたって健康で活力にあふれた状態でより生産的に働くことができるような産業保健活動の仕組みを、それぞれの年代に応じて創出する取り組みである。

 

<論文>

Journal of JIMA,English Issue, Vol.65, No.2E, July 2014
日本経営工学会発行の日本経営工学会論文誌英語版に高齢労働に関する招待論文の依頼を受け投稿いたしました。

 

<その他活動>

産業保健の原点に立ち返り、少子高齢社会における課題解決を目指す
ヘルスアップ21 2014年No.359 9月号に紹介されました。

中央労働災害防止協会「職場における腰痛予防対策指針」に沿った
社会福祉施設における介護・看護労働者の腰痛予防の進め方
中央労働災害防止協会の「社会福祉施設における介護・看護労働者の腰痛予防の進め方」の策定に携わりました。

厚生労働省「職場における腰痛予防対策指針」改訂
厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針」の改訂に携わりました。

       
 

神代雅晴(くましろ まさはる/Masaharu Kumashiro)

 

一般財団法人日本予防医学協会 理事長
産業医科大学 名誉教授、学術博士
汎太平洋産業人間工学会(PPCOE)会長、英国人間工学会(IEHF)フェロー、三菱総合研究所客員研究員、福岡産業保健推進センター相談員 他
専門は産業保健人間工学。産業医学における人間工学を学問として確立、この領域における世界の第一人者として、各国の専門家と研究を深化させるとともに、アジア地域の研究復興をサポートしている。
現在エイジフリー及びジェンダーフリー社会に対応した新しい労力能力評価を提案、その手法の実践化に取り組んでいる。
過去には、英国バーミンガム大学客員研究員、東京都立科学技術大学(現・首都大学東京)客員教授、産業保健人間工学会会長、国際産業保健会議(ICOH)の「加齢と労働」に関する科学委員会委員長、国際人間工学会(IEA)安全衛生技術委員会委員長、日本人間工学会理事を歴任。