一般財団法人日本予防医学協会「健康と元気、こころとからだの健康づくり支援」をテーマに、産業保健、職域保健事業を中心に生涯にわたる健康づくり支援・健康社会の構築に貢献していきます!
一般財団法人日本予防医学協会
トップページ健康支援サービス附属診療所検査の解説社会貢献お問い合わせ財団概要

ホーム > 財団概要 > 沿革

概要

概要 | 理事長メッセージ/活動報告 | 役員一覧 | 企業理念 | 沿革 | 公開情報  | アクセス

沿革

1960年 日本予防医学協会 設立
第一回 疾病予防対策研究会を開催
機関誌『保健施設』発刊

手動式胃部X線検査

手動式胃部X線検査

手動式胃部X線検査

手動式胃部X線検査

手動式胃部X線検査

手動式胃部X線検査

1962年 全国に先駆けて「胃部X線集団検診」を職域にて開始
1963年 「歯科口腔検診」開始
「成人病健診」開始
1964年 車坂診療所(東京都台東区)開設
「全国胃部X線巡回検診」開始
1966年 「循環器検診」開始
関西における第一回 疾病予防対策研究会を開催
1967年 財団法人としての設立認可を得る
関西支部(大阪 現・西日本事業部)開設
1969年 関西支部附属診療所(大阪 現・ウェルビーイング南森町) 開設
1970年 「特殊検診業務」開始
1971年 機関誌『よぼういがく』月刊化
1974年 健康増進活動の開始
1975年 自動化健診・人間ドックの開始
1976年 本部扇橋診療所 開設
1978年 西日本支部(福岡 現・九州事業部)開設
1979年 西日本支部附属診療所(福岡 現・ウェルビーイング博多) 開設
自動化健診の開始
1981年 健康情報のデータベース化に着手
1982年 婦人科検診の開始
1983年 老人保健法に基づく健康審査事業 開始
健康管理システム 開始
1989年 全国ネットワーク健診 開始
1990年 パーソナルコンピュータによる健康管理システム(ヘルシーシステム)開始
1993年 第一回 健康社会フォーラム 開催
1994年 ライフスタイル診断 開始
1995年 食生活診断 開始
1996年 ストレス診断 開始
健康体力診断 開始
1999年 健康情報かわら版 創刊(紙面版)
2000年 Web健康管理システム(HMS)サービス開始
2003年 Web健康管理システム(HSS)のASPサービス開始
2004年 プライバシーマーク取得
第E890001(01)号(保健衛生部門第1号)
2006年 扇橋診療所 閉鎖  附属診療所「ウェルビーイング毛利」開設
アウトソーシング事業 開始
2007年 健康経営の考え方による全国健康管理支援事業協議会 開始
2008年 顧客満足度向上推進室 発足
2011年 附属診療所「ウェルビーイング栄」 開設
2012年 東日本大震災支援事業 口腔保健支援プログラム「お口のチェック」実施
2013年 一般財団法人へ移行