このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

健康経営のすすめ

健康経営宣言

From the well-being JPM to the well-being JAPAN
~人と組織の安全、安心、健康づくり~

日本予防医学協会は、「協会の誇れる財産は人財なり」との経営理念の下、職員の資質を向上させ、顧客満足度の最大化を実現する強い日本予防医学協会の創造に取り組んでいます。その実現のため、職員一人ひとりの健康を重要な経営資源と位置づけ、次の3つのスローガンを掲げ、良好なコミュニケーションのもと健康で元気に働き続けられる安全・安心な職場環境を形成するとともに、自らの健康をマネジメントできる人財育成を目指します。

  1. 健康づくりを支援し、健康問題に由来するアブセンティズムとプレゼンティズムの発生を予防します。
  2. 「労働長寿は健康長寿への道」を掲げ、生涯現役で働くことを目指し、仕事をリタイアしても豊かな人生を送ることができる人財を育成します。
  3. 労働負担の軽減と業務の効率化を図り、ワーク・ライフ・バランスの取組みを推進します。

健康経営のすすめ


健康経営 健康経営 『健康経営®』とは、従業員の健康への配慮を、単に福利厚生の面から取り扱うのではなく、従業員の士気や生産性を高め、ひいては経営面にもメリットをもたらすものとして捉え、健康管理を経営的視点から戦略的に実践していこうとするものです。

従業員の健康の維持・向上から得られるものは、リスクの軽減や医療費等の経費節減ばかりではありません。従業員の生産性や創造性を増大させる積極的な健康管理は、企業価値そのものを高めるものといえるでしょう。

従業員の健康管理は経営者の責務です。その指導力のもとで、従業員の健康管理を積極的に展開していくことが、これからの企業経営にとってますます重要なものになると、私たちは考えています。

健康経営研究会は、平成18年に大阪府の認可を得たNPO法人です。健康経営という概念に賛同する産業医、産業看護職、企業、健康保険組合などが会員となっています。
一般財団法人日本予防医学協会では、理事2名と事務局長、スタッフを供出し(いずれも無償)、合同部会やセミナー、研究会などの企画立案や実施にいたるまでの事務局活動全般を受け持ち、研究会活動を推進しています。

 

 

健康経営研究会

労働衛生機関、医療機関、ヘルスケアサービス事業所等が、企業・健康保険組合のニーズに基づいた効果的・効率的なサービス提供体制の構築を目指すものです。
健康経営研究会ホームページ

『健康経営®』は特定非営利活動法人 健康経営研究会の登録商標です。

PAGE TOP

メインメニュー