健康管理ご担当者さまへ

クーポン券を利用した風しん抗体検査が可能です

日本予防医学協会では、自治体から配布されたクーポン券を利用した巡回型風しん抗体検査や附属診療所での抗体検査を実施しております。

風しんとは

風しんウイルスによって起こる感染症で、発熱や発疹、耳の後ろや首のリンパ節の腫れ、関節の痛みなどの症状を起こします。一般的には軽い症状で済みますが、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんが先天風しん症候群となり、目や耳、心臓に障害が起きてしまうことがあります。
まれに高熱が続いたり、急性脳炎などの合併症を生じて入院が必要な場合があります。

風しん予防で大切なこと

妊娠を希望する女性は妊娠前に予防接種が必要ですが、女性には集団接種の機会がありました。
ところが、昭和37年度~昭和53年度生まれの男性では、過去に公的に予防接種が行われていないため、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあるといわれています。この年代の男性が必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなり、あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守ることができるといわれています。

風しん抗体検査クーポンについて

風しん第5期定期接種として1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性を対象とし、風しんの抗体検査と予防接種を無料で受けられるクーポン券を自治体が配布中です。
これは、2019年4月1日から2022年3月31日まで3年間の期間限定の実施で、残りあと1年となりました。ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください

風しん抗体検査の結果状況

これまで当会でクーポン券を利用して抗体検査を受けられた約1万人の抗体保有率は78%にとどまっています。特に40歳前半の方は4人に1人が抗体を持っていない状態です。