【九州開催決定!】健康経営の実践 ❝子宮頸がんにおける 国内の課題と検診の重要性❞ 日本予防医学協会/シミックヘルスケア 共催セミナー

お申込フォーム

女性のがん罹患率において、子宮頸がんは乳がんについで2番目に高く、近年罹患者数は増加しております。
特に20歳、30歳の罹患は妊娠や出産にも影響を及ぼすことが報告されており、かつ検診受診率は諸外国に比較して低い状況です。
本セミナーでは、子宮頸がんにおける国内での課題と検診の重要性をご理解頂き各健康保険組合様でどのような対策が必要か把握頂くことを目的としております。

日 時 2020年2月7日(金)16:00~19:00
受付時間 15:30~
定 員 80名
会 場

TKP博多駅前シティセンター
ホールB

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル8F

交通手段
JR鹿児島本線 博多駅 博多口 徒歩2分
福岡市地下鉄空港線 博多駅 博多口 徒歩2分

共 催

シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社 一般財団法人日本予防医学協会

後 援

九州・福岡健康経営推進協議会

セミナー演題  
16:00~17:00 子宮頸がんにおける国内の課題と検診の重要性
順天堂練馬病院・はぐくみ母子クリニック 三輪 綾子先生
17:00~17:30 「 SelCheck」自己採取HPV検査製品紹介
シミックヘルスケア株式会社セルフチェック事業部 森田 有香
17:20~ 意見交換会※軽食付き

リーフレット:子宮頸がんにおける国内の課題と検診の重要性[PDF]

お申込フォーム