世界老年学/老年医学会(IAGG 2013, The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:  

当会理事長の神代雅晴は韓国ソウルにて2013年6月23日~27日に行われた世界老年学/老年医学会(IAGG 2013, The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics)に出席しました。

25日に開催されたシンポジウム「Occupational Gerontology, A Multi-Disciplinary Approach(和訳:産業老年学:その学術的アプローチ)」でシンポジストを務め、「Strategies for Coping with the Aging Worker Society ~Create Productive Aging on the Foundation of Active Aging~(和訳:高齢労働対応型の戦略~活力ある高齢社会を土台とする生産的高齢労働者の創造~」を発表しました。

 この会議は4年に一度開催されている国際会議で、前回は2009年のパリ、次回2017年はサンフランシスコにて開催される予定です。
この会議では高齢者に焦点が当てられていますが、神代が出席したシンポジウムは老年学及び老年医学の専門家に対して新たな守備範囲として高齢労働問題を加えなければならない状況に追い込まれていることを訴えるために組まれた企画とのことです。