9月4日、アウトソーシング事業部蒲田オフィスの開所式がありました。

開所式には労働保健協会とJTBベネフィット、保健科学西日本の方もお祝いに駆けつけてくださいました。

協会が新しい事務所を構えるのは2011年に開所した名古屋の「ウェルビーイング栄」以来6年ぶりのことです。

春先から業者とやり取りをしたり、家具や什器を選定するためカタログで比較を何度も行いコストを抑えながら自分たちの事務所をいちから作り上げました。

これまでは無かった窓や空間のゆとりを大事にした、ゆったりとした間取りと大開口の窓により職場環境が大幅に改善しました。事務所へのアクセスは蒲田駅から徒歩5分ほど。周囲には飲食店も多く毎日のランチだけでなくディナーも楽しめそうです。