平成27年8月26日付(日予医協本部発第27063号)にて就業時間内の全面禁煙の取り組み開始が公示されました。
これをうけ東日本地区では、安全衛生委員会と健康経営推進部とで各事業部の協力のもと、全面禁煙の目的・方向性を共有し、喫煙者に対する支援プログラムを展開するとともに、職員全員で健康な職場環境づくりを推進するよう取り組んで参りました。
受動喫煙

活動を主に進め卒煙(禁煙)の自主活動をしてきた「チームSWAN」の取り組みが、スモハラ=パワハラ防止につながったとして厚労省より委託を受けた「公益財団法人21世紀職業財団」より取材を受け、パワハラ対策好事例集に紹介されました。


パワハラ対策好事例集①[PDF]
本事例集は全国の労働局をはじめとする行政機関、会、団体に配布されております。


*****
チームSWANの活動に関するお問い合わせは下記まで
e-swan@jpm1960.org
https://www.jpm1960.org/e-swan/
*****

2017年5月1日 健康経営推進部 東日本地区安全衛生委員会