データヘルス・予防サービス見本市2016は福岡に続き、2会場目の仙台での開催が11月21日(月)にありました。

当日の参加者は470名(事前申込者数)。

日本予防医学協会は株式会社JTBベネフィット、ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、ニッセイ情報テクノロジー株式会社、フィリップス・レスピロニクス合同会社、京セラ株式会社との共同出展で、入り口から一番近い抜群のロケーションを確保。

宮城県知事の村井嘉浩さん、元水泳選手でのシドニーオリンピック銅メダリスト 田中雅美さんもブースにお立ち寄りになり、デイリーサポートの内臓脂肪測定を体験。知事は思わず「すごい!」と驚いたしたご様子でした。

次回は12月14日、大阪会場の予定です。