風しんは子どもの病気?!

体温計を持つ手
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    風しんは子どもの病気?!
                                      
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
昨年風しんが大流行しました。風しんの流行時期は春先から初夏
にかけてで、まだかかる可能性がある時期です。感染する可能性
がある成人は約475万人と推計されており、いつまた流行するとも
限らない感染症です。
そこで今回は『風しん』に関するお話です。

----------------------------------------------------------
★ 風しんとは ★
----------------------------------------------------------
風しんは、風しんウイルスによって起こる感染症です。
子どもだけが感染する感染症ではなく、全ての年代、特に20歳
以上の男女に感染する可能性が高くなっています。

■感染経路、感染力
 感染している人のくしゃみや咳、ウイルスがついた手など
  から感染します。感染力は強いです(インフルエンザの5倍)。

■他人に感染させる可能性がある期間
 発しんが現れる前後1週間といわれています。

■症状
 発熱、全身の発しん(顔から始まる)、リンパ節の腫れなど。
  ただし、感染した人の15-30%は症状がなく、感染したことに
  気付かないといわれています。高熱が長引く、関節が痛むなど、
  子どもよりも成人の方が重くなりがちです。

■予防法
 予防接種(麻しん風しん混合ワクチン)を2回受けることです。
 内科もしくは小児科で接種が可能ですが、受診前にあらかじめ
 医療機関に問い合わせましょう。ただし、妊婦もしくは妊娠の
  可能性がある方は接種できません。

----------------------------------------------------------
★ 風しんに感染する可能性が高い年代 ★
----------------------------------------------------------
昨年問題となった風しんの大流行では、特に20~40代の感染が
目立ちました。尚、女性よりも男性の方が3倍多く感染しました。
なぜなら、予防接種に関して定める法律の変更で、予防接種を
受ける機会がなかった年代・性別、本来2回接種のところを1回しか
接種していない年代が存在するためです。以下の年代の方は特に
注意が必要です。

■1962年4月1日生まれ以前の男女及び
■1962年4月2日~1979年4月1日生まれの男性
 1回も接種していない可能性が非常に高いです。

■1962年4月2日~1979年4月1日生まれの女性
 中学生の時に、学校で1回だけ接種している可能性が高いです。

■1979年4月2日~1987年10月1日生まれの男女
 中学生の時に、医療機関で1回だけ接種している可能性が
 ありますが、この年代の接種率は激減しているため、
 未接種の可能性もあります。

■1987年10月2日~1990年4月1日生まれの男女
 幼児期に医療機関で1度だけ接種しているかと思いますが、
 2回目の接種を受ける機会がありませんでした。

風しんの予防接種を以前受けていた人が、もう一度接種しても、
それにより副作用が起こることはありませんので、予防接種を
受けたかどうか不明な方は、是非接種を検討しましょう。

----------------------------------------------------------
★ 先天性風しん症候群 ★
----------------------------------------------------------
妊婦が風しんにかかった場合、胎盤を通して赤ちゃんまでもが
風しんに感染する可能性があります。赤ちゃんが風しんに感染し、
病気を持って生まれてきた場合、先天性風しん症候群といいます。
特に妊娠初期(12週)までの妊婦が風しんに感染すると、赤ちゃん
が先天性風しん症候群で生まれてくる可能性が高くなります。
昨年大流行した風しんにより、それまで感染報告数が平均して
数名程度(2004年を除く)であったのに対し、2013年には32人の
赤ちゃんが、先天性風しん症候群で生まれてきました。今年は、
3月26日までに既に8人の報告があり、今後もこの数は増えると
推測されています。

■先天性風しん症候群の部位別症状
 ・眼(視野が狭い、視力が悪い、眼が白いなど)
 ・耳(音が聞こえにくい)
 ・心臓(生まれたら閉じる血管の一部が閉じないことにより、
  心臓や肺に負担がかかる)
 ・その他(小さく生まれる、紫色のはん点が皮膚に現れる、
  精神や身体の発達が遅れる、糖尿病、頭が凄く小さいなど)

※風しんワクチン及び麻しん風しん混合ワクチンは、生ワクチン
という、生きているウイルスなどを弱めて作ったワクチンです。
そのため、お腹の中にいる赤ちゃんへの影響を考え、妊娠中や
妊娠の可能性がある時は予防接種を受けられません。予防接種後
2ヶ月は、避妊をする必要があります。妊娠を希望する女性は、
妊娠していない間に、2回予防接種を受けましょう。尚、予防
接種を受けることができない妊婦に代わって、夫や周りの人々が
予防接種を受けることが推奨されています。

----------------------------------------------------------
★ 最後に ★
----------------------------------------------------------
風しんは感染力が高く、妊婦が感染すると赤ちゃんにまで感染
する可能性のある怖い病気です。無症状の感染者もいるため、
職場などで、集団感染の可能性もあります。風しんから自分や
周囲の人、赤ちゃんを守るため、発熱や顔から広がる全身の
発しん、リンパ節の腫れなどの症状があれば医療機関を受診
しましょう。尚、予防接種を受けたことがない、または不明な
方は、是非予防接種を受けましょう。

参考資料:国立感染症研究所,職場における風疹対策ガイドライン
(平成26年3月),http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/rubella/kannrenn/syokuba-taisaku.pdf

----------------------------------------------------------
★ お知らせ(PR) ★
----------------------------------------------------------
「作業管理実務講習in九州」を7月16日(水)に開催します。

作業管理とは労働衛生の3管理(健康管理・作業環境管理・作業
管理)のひとつで、労働安全衛生法で定められています。
作業管理は3管理の中で最も立ち遅れているといわれていますが
職場のメンタルヘルス対策などで今後ますますその重要性を増す
ものと考えられます。

この講習は3時間で作業管理を概観する機会になることを目指す
いわば「作業管理の入門編」として、どなたでも参加可能なもの
です。

詳細はこちら↓をご覧ください。
https://www.jpm1960.org/pdf/sagyokanri201407.pdf
お問合せは、(一財)日本予防医学協会(橋本)まで
hashimoto_makoto@jpm1960.org


―配信先変更・配信停止――――――――――――――――――

配信先変更と配信停止についてはリンク先のご案内に沿って
お手続きください。
https://www.jpm1960.org/kawara/mailmag/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一般財団法人日本予防医学協会
HP https://www.jpm1960.org/
email mag@jpm1960.org
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c) The Association for Preventive Medicine of Japan.
All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メインメニュー