LOX-index®(ロックスインデックス)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
LOX-index®(ロックスインデックス)※
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

現在、脳血管疾患・心疾患の死亡者数はがんと同水準と言われて
おり、四人に一人が動脈硬化を一因とする疾患で亡くなっていま
す。
さらに冬になると、寒さの影響や寒暖差によって、血圧の急激な変動
が起こり、血管や心臓に負担がかかることで、脳血管疾患や心疾患の
発症リスクが高まるとも言われています。
そこで今回は脳梗塞・心筋梗塞のリスク検査である
『ロックスインデックス®』に関するお話です。

※LOX-index®(ロックスインデックス)は、NKメディコ株式会社
および国立循環器病研究センターの共同所有登録商標です。

----------------------------------------------------------
★ 動脈硬化について ★
----------------------------------------------------------
動脈硬化は、心臓病や脳卒中の一因となっています。動脈硬化の
怖いところは、自覚症状がないままに進行し、ある日突然、脳梗
塞・心筋梗塞といった疾病を発症するという点です。そして、発
症すると命に関わるばかりではなく、介護が必要な後遺症が残る
など、生活の質を著しく低下させてしまうことになります。

----------------------------------------------------------
★ ロックスインデックス®とは ★
----------------------------------------------------------
ロックスインデックス®は、動脈硬化の引き金となっている酸化変
性LDLとsLOX-1という二つの物質の量を測定する検査で
す。ロックスインデックス®検査では、脳梗塞・心筋梗塞の発症
“リスク”を採血のみで予測できます。脳梗塞・心筋梗塞のリス
クがあれば早めの予防対策を取り、リスクを減らしていくことが
可能となります。

----------------------------------------------------------
★ 測定する二つの物質について ★
----------------------------------------------------------
<酸化変性LDL(LAB)>
ストレスやタバコなどの影響で発生した体内の活性酸素などによ
ってLDL-C(悪玉コレステロール)が酸化し、より悪玉化し
た物質のことです。
最近の研究では、これまで動脈硬化の原因と言われてきたLDL
-Cは動脈硬化の本当の原因ではなく、酸化変性LDL(LAB)
が動脈硬化を引き起こしている主要な原因物質であると考えられ
ています。
酸化変性LDL(LAB)の値が高い場合、酸化が進んでいると
考えられます。

<sLOX-1(LOX-1)>
LOX-1とは血管内にあるタンパクの一種で、血液中に異物が
あると発現し、血管内皮細胞に障害を起こすと言われています。
つまり、LOX-1と酸化変性LDLが結合することで動脈硬化
をより進行してしまいます。
その内の一部が血管の壁から切り離され、血液中に出てきたもの
をsLOX-1と呼んでいます。このsLOX-1の値が高い場
合、血管内での炎症が進んでいると考えられています。

----------------------------------------------------------
★ ここが違う! ★
----------------------------------------------------------
健康診断は病気になっていないかを早期に発見するものです。し
かしながら、ロックスインデックス®では病気になっていない段
階から、将来の脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを調べることがで
きます。また脳ドックは画像検査となっているため、動脈硬化が
進行しないと脳梗塞を見つけられません。一方、ロックスインデ
ックス®では動脈硬化が進行する前の段階で脳梗塞のリスクを調べ
ることができます。

----------------------------------------------------------
★ ロックスインデックス®が高い方は ★
----------------------------------------------------------
動脈硬化が進行すると、脳梗塞・心筋梗塞が将来的に発症するリ
スクが高まります。ロックスインデックス®の値が高いと、将来の
脳梗塞発症リスクは約3倍、心筋梗塞発症リスクは約2倍となる
ことが分かっています。
酸化変性LDL、sLOX-1の増加を促してしまう要因として、
生活習慣 (喫煙、過食、過度の飲酒等)、ストレス、運動不足等が
あります。ロックスインデックス®が高い方は、今からでも予防対
策を始めましょう。

----------------------------------------------------------
★ 最後に・・・ ★
----------------------------------------------------------
ロックスインデックス®検査は弊会でも取り扱っております。結果
報告書には、生活改善のためのアドバイスが満載です。是非、こ
の機会にご検討下さい。

―配信先変更・配信停止――――――――――――――――――

配信先変更と配信停止についてはリンク先のご案内に沿って
お手続きください。
https://www.jpm1960.org/kawara/mailmag/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一般財団法人日本予防医学協会
HP https://www.jpm1960.org/
email mag@jpm1960.org
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c) The Association for Preventive Medicine of Japan.
All rights reserved.

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

PDF版はこちら 【2016年12月】健康かわら版.pdfをダウンロード

メインメニュー