健康づくりかわら版の記事一覧

コロナストレス対処の心得

コロナストレス対処の心得

2020.05.01 緊急号外関連
新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、外出の自粛や在宅勤務が推奨され、私たちの生活は大きく変化しました。 このような変化やこの生活がいつまで続くのか見通しがもてない現状は、不安や恐れ、ストレスを感じやすくなります。 そこで今回は『新型コロナウイルスと心の健康』に関するお話です。

続きを見る

【号外】シリーズ:外出自粛を乗り切ろう(健康全般/食事)

【号外】シリーズ:外出自粛を乗り切ろう(健康全般/食事)

2020.05.01 緊急号外関連
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、 普段とは違う日常に様々な不安や戸惑いも多いと思います。 このような状況の中、何か皆様のお役に立てないかと考え、今、気をつけたい健康情報を“号外”としてお届けします! シリーズ第1回の今回は「健康全般」と「食事」についてのアドバイスです。

続きを見る

緊急特集!! 免疫力アップの鍵はコレだ!!

緊急特集!! 免疫力アップの鍵はコレだ!!

2020.04.01 緊急号外関連
2月頃より新型コロナウイルスの報道を目にしない日はないほど、日本のみならず世界中で流行していますね。手洗い・うがいを徹底していくことや、換気、咳エチケット、人が多く集まる場所への不要な外出を控える等の感染予防対策を行うことに加え、ご自身の生活習慣を見直して、免疫力を下げない・高める工夫を取り入れてみませんか?そこで今回は『免疫力アップ』に関するお話です。

続きを見る

Σ(゚д゚lll)ガーン😱💦 日本で1番かかっている?! 大腸がん

Σ(゚д゚lll)ガーン😱💦 日本で1番かかっている?! 大腸がん

2020.03.02 健康づくりかわら版
長寿国日本と呼ばれるようになっていますが、死因のTOPは悪性新生物「がん」です。日本人の約2人に1人ががんにかかり、約3人に1人ががんで亡くなっており、もはや万が一ではなく2分の1なのです。そのがんの中で日本人が最もかかっているがん、それは「大腸がん」です。そこで今回は『大腸がん』に関するお話です。

続きを見る

「怒り」は世界を変える力になる!?~アンガーマネジメント~

「怒り」は世界を変える力になる!?~アンガーマネジメント~

2020.02.03 健康づくりかわら版
最近、怒りっぽくなったと感じることはありませんか?あとから振り返ってみると、そんなに怒るほどのことでもなかったのにと後悔してしまうこと、昔はこんなに怒りっぽくなかったのにどうしてだろうと悩んでいる人も多いのではないかと思います。ストレスが多い現代社会では怒りを感じる場面が多々ありますが、一度感情のままに怒鳴ってしまうと信頼関係を壊し修復が難しくなるきっかけになることもあります。怒りの感情とうまく付き合うことができれば、人や物を傷つけずに済むのに…そこで今回は『怒りのコントロール』に関するお話です。

続きを見る

頭痛からの解放、パートⅡ ~首肩リラックス編~

頭痛からの解放、パートⅡ ~首肩リラックス編~

2020.01.06 健康づくりかわら版
片頭痛を含む慢性頭痛でお悩みの方も多いかと思いますが、この慢性頭痛の中で最も多い頭痛が「緊張型頭痛」です。

続きを見る

ラグビーW杯「桜の戦士」の“糖”魂精神を継承せよ!

ラグビーW杯「桜の戦士」の“糖”魂精神を継承せよ!

2019.12.02 健康づくりかわら版
世界を驚かせたラグビーW杯日本代表の快進撃は記憶に新しいですが、その裏では厳しい練習だけでなく、栄養管理も徹底されていたようです。 アスリートの食事=糖質制限&プロテイン摂取と考える方も多いかと思いますが、実はエネルギーの補給、疲労回復や怪我予防なども考慮して、主食や軽食におにぎりやうどん、蕎麦などの糖質がうまく取り入れられていました。糖質制限をしていた選手も、このW杯の際に栄養面を考え食事改善を行ったそうです。

続きを見る

決して甘くはない、高血糖!

決して甘くはない、高血糖!

2019.11.01 健康づくりかわら版
11月14日は「世界糖尿病デー」です。日本では、世界糖尿病デーのモチーフ「ブルーサークル」にちなみ、各地の建造物をブルーにライトアップして啓発活動を行っています。なお、日本人の多くは体質的に糖尿病になりやすい遺伝子を持っており、この半世紀、食生活が急速に豊かになったことで糖尿病患者数が、20倍にも増えている現状があります。そこで今回は糖尿病につながりやすい『高血糖』に関するお話です。

続きを見る

骨(コツ)をつかもう!~人生を笑顔で歩いていくために~

骨(コツ)をつかもう!~人生を笑顔で歩いていくために~

2019.10.01 健康づくりかわら版
現在、日本の骨粗しょう症患者数は1,000万人を超え、予備軍まで含めると2,000万人に達するとも考えられています。その約80%は女性ですが、男性も無関係でなく60歳を過ぎると罹患リスクが高まり、女性よりも重症化しやすいといわれています。また、近年子供の骨折増加も問題視されており、10代前半までに骨量をどれだけ増やせるかが、将来の骨粗しょう症リスクを左右するといっても過言ではありません。骨を強くすることは、これからの人生のためにも老若男女問わず、今始めるべき大切なことなのです。そこで今回は『骨粗しょう症予防』に関するお話です。

続きを見る

チョーーー!高齢JAPAN! ~認知症予防で幸齢に~

チョーーー!高齢JAPAN! ~認知症予防で幸齢に~

2019.09.02 健康づくりかわら版
ここ最近、高齢者ドライバーによる交通事故のニュースも相次ぐようになってきましたが、2019年8月に厚生労働省が発表した2018年の日本人の平均寿命は、男性が81.25歳、女性が87.32歳で男女ともに過去最高を更新しました。 厚生労働省が2015年に発表した認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)によると日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症と推計されています。 さらに、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者数は700万人前後に達し、65歳以上の高齢者の約5人に1人を占めると見込まれています。 つまり、認知症は加齢とともに誰にでも起こり得る身近な病気と考えてもいいのかもしれません。 そこで今回は『認知症』に関するお話です。

続きを見る

PAGE TOP

メインメニュー