このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

子宮がん検診

よくある質問(8)子宮がん検診

Q1: 「子宮細胞診」ってなに?
Q2: 「子宮頚部異形成(しきゅうけいぶいけいせい)」ってなに?
Q3: 「子宮頚部異形成(しきゅうけいぶいけいせい)」ってなに?
Q4: 「子宮膣部(しきゅうちつぶ)びらん」ってなに?
Q5: 「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」ってなに?



Q1: 「子宮細胞診」ってなに?
-----
A1:子宮頸部(外子宮口)の細胞を綿棒またはブラシのようなものでこすって採取し検査します。採取した細胞を色素で染色し、異常がないかどうか顕微鏡で観察する方法です。 検査結果はベゼスタシステムと日本母体保護協会のクラス分類に従って判定されます。詳細は当協会ホームページの「検査結果のご説明」の「子宮頚部細胞診」の項をご参照ください。


Q2: 「子宮頚部異形成(しきゅうけいぶいけいせい)」ってなに?
-----
A2:子宮頚部の上皮に異型な細胞がみられます。この状態では悪性とは判断できず、精密検査が必要です。


Q3: 「子宮頚部異形成(しきゅうけいぶいけいせい)」ってなに?
-----
A3:子宮頚管(膣に近い部分)粘膜の腫瘤です。 まれに悪性の場合があることもあります。判定に従ってください。


Q4: 「子宮膣部(しきゅうちつぶ)びらん」ってなに?
-----
A4:子宮の下部の子宮膣部が赤くただれた状態をいいます。おりものが非常に多い場合や出血する場合は治療を行うこともあります。


Q5: 「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」ってなに?
-----
A5:卵巣腫瘍のうち、のう胞を形成する腫瘍です。大部分は良性ですが、一部に悪性腫瘍があります。判定に従ってください。

 
 
 

PAGE TOP

メインメニュー