このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ


近年、日本列島は災害がひどく身近なものになってきました。そこで2018年度、当会ではクライシスマネジメント(CMT)活動として、本部・全事業部で災害対策時の訓練を㈱レスキューナウ様にご指導をいただき、本格的に実施しました。

避難訓練は毎年確実に実施していますが、事務所から避難する必要がない状況での災害が起きるのが通常です。

災害が起きても、安全にお客様を事業所にお戻しすること、そして職員の安全を保つこと、規模の違う各事業部での事業継続対策をより具体化すること、その3点に取り組みました。

写真のごとくビブスを身に着け、各責任業務に分かれて、現実さながらの緊張の中、内外の情報を集約し、的確な組織運営体制が各地区で営まれました。

また、当会では健診業務従事者には消防署での救急救命研修を受講していますが、今回は事務内勤職員も含めて、ほぼ全員防災訓練に参加していただき、人が倒れた時への対応力(意識・実践力)を高めました。


お客様を、そして働く職場の仲間を守る、大切な健診データを守る、そうした意識で2019年度を迎えています。


(本部CMT事務局)

PAGE TOP

メインメニュー