このページの本文へ移動

 ウェルビーイング栄では、12月より当日にでもアミノインデックスの検査をお申込みいただけるようになりました。

そこで…どのような検査なのか、ご紹介いたします。

 アミノインデックスとは?

 血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。現在では、がんである可能性を評価する「アミノインデックスRがんリスクスクリーニング(AICS)」検査が可能となりました。

  

 AICSは全てのがんの可能性が評価できるのですか?

 血液を5ml程度採血して検査を行います。1回の採血で、男性は5種類、女性は6種類のがんの可能性について評価することができます。

    男性:胃がん・肺がん・大腸がん・すい臓がん・前立腺がん

    女性:胃がん・肺がん・大腸がん・すい臓がん・乳がん・子宮がん・卵巣がん

 

 AICSの報告書内容について

 AICSはそれぞれのがんについて、現在がんである可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告いたします。

数値が高いほど、現在がんである可能性が高くなります。また、現在がんである可能性を判断する目安として3段階に分かれます。 

 

 AICSを受診すれば、他のがんに対する検査は必要ないのですか?  

 AICSは今までのがん検診とは異なり、血液中のアミノ酸濃度からがんの可能性を評価する新しい検査です。がんである可能性を評価する検査で、がんであるが否かをはっきりと判断するものではありません。今までのがんに対する検査と併用することで、がんを見つけ出せる可能性が高くなると考えられます。

 

 受診前の注意点

 ・検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないでください。

 ・検査時に妊娠されている方、授乳中の方、透析している方はAICS値に影響が出ますので検査は受けられません

  がん検診のすすめ

 近年、がんの診断技術や治療法は急速に進歩しています、早期にがんを見つけ、早期に適切な治療を行うことにより、がんによる死亡のリスクを減らすことができることから、定期的ながん検診による早期発見が重要です。

PAGE TOP

メインメニュー