このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

眼底検査とは、瞳孔の奥にある網膜を眼底カメラで撮影をする痛みのない検査です。

眼底検査によって血管、網膜、視神経などを調べます。

私たちは網膜の働きでものを見ますので、眼底部分の出血などは重大な所見です。

また、糖尿病性網膜症や緑内障などの失明に至る恐れのある病気を早期に発見できます。

さらに眼底にある動脈を観察して、高血圧性変化や動脈硬化の程度を調べます。

 ウェルビーイング栄では、眼底検査のオプションもご用意しておりますので、気になる方はお気軽にスタッフまでお声かけください。

PAGE TOP

メインメニュー