このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

喫煙は、ガン・心筋梗塞・脳卒中・肺の病気をはじめ多くの病気になることが確かめられています。

喫煙は生まれつきの体質や加齢など変えられないものとは異なり、

自分でなくすことができる危険因子です。

禁煙することによって病気を予防する最大の効果が期待できます。

禁煙したくてもなかなかできないのは、脳が変化してニコチン依存症という病気になるためです。

そんな喫煙者には禁煙治療を受けることをお勧めしています。

一般に3か月に5回通院して禁煙を目指します。健康保険の適用もされます。

ウェルビーイング栄では、禁煙相談も行っております。

気になる方は、スタッフへお声掛けください。

PAGE TOP

メインメニュー