このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

五月病とは、新しい環境に疲れが出始めるゴールデンウィーク明け頃から陥る

   ◆倦怠感

   ◆不安感

   ◆抑うつ気分

   ◆無気力 

   ◆不眠 等を伴う心と体の不調のことです。

人は変化に対して、緊張したり警戒したりと気を張った”状態になります。

これが続くとストレスが蓄積し、交感神経が活性化します。

   ~対策として~

■太陽の光を浴びる

■体を動かす(ジョギングやウォーキング、水泳等の有酸素運動をする)

■好きなことをする

■バナナや乳製品、大豆製品などアドレナリンを調節する食べ物を摂取する

ゴールデンウィークは、心と体の声に耳を傾け疲れが残らないように計画しましょう。

PAGE TOP

メインメニュー