このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

本日、11月14日は世界糖尿病デーです。

世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年12月20日に国連総会において採択されると同時に、国連により公式に認定されました。

なぜ11月14日が世界糖尿病デーかというと、インスリン(血糖値を下げる働きがあるホルモン)を発見したカナダのバンティング博士の誕生日で、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表して11月14日を糖尿病デーとして顕彰したようです。

今日は全国各地で青色のライトアップがされる建物などもあるようで、青色のライトアップをみかけられましたら、「世界糖尿病デー」ということを思い出してください!(文章:米)

PAGE TOP

メインメニュー