このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

職員健診の機会を利用して診療所スタッフの防災訓練を実施しました。

11時18分ごろ、「大きな地震」を想定しサイレンが鳴ると、それまで和やかだった雰囲気が一気に緊張モードに。
各検査ポイントでは受診者の安全を確保するため速やかに検査を中断。
内視鏡室やレントゲン室では検査台から受診者が落ちないように体を支え、受診者を落ち着かせるよう声をかけました。
また、行方が分からなくなっている受診者がいないか、健診カードをもとにお一人おひとり名前と人数を確認していきました。


(左)体調不良を訴える受診者に声をかけています。(訓練です。)
(右)全員の所在を確認後、非常階段で地下駐車場に避難しました。

まだまだ課題はありますが、日頃の備えの大切さを再認識しました。

PAGE TOP

メインメニュー