このページの本文へ移動

一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

報告4

歯科衛生士
山本良子 高橋利恵

昨年から継続して実施している「お口のチェック」の2012年度第1クール(5月21日から25日)を終了しました。
歯科衛生士が在宅を訪問し、1歳から97歳の44戸64人の方々にお会いしました。

今回の対象地区のひとつ、西戸地区は山間にあるものの甚大な津波被害があったところです。チリ津波では西戸地区の手前までしか津波が来ず、これまで津波被害を想定していなかっただけに住民の精神的なショックが大きく、実際に訪問して、強いストレスのために味覚障害(何を食べても苦味しかしない)を患った方から「心が被害にあった」と悲痛な声を伺いました。

震災直後は、歯磨きができないばかりか食事や水がない状態のため、舌が真っ黒になった経験をみなさんされたようです。ライフラインの大切さが身に沁みました。
来月は2012年度第2クールを実施予定です。お一人でも多くの方に寄り添える支援を目指して、「お口のチェック」を続けて参ります。

PAGE TOP

メインメニュー